これからママになる千葉の女性におすすめな審美歯科

女性の場合、虫歯や歯周病などの治療や親知らずの抜歯などは妊娠する前に審美歯科や一般歯科で終えておくのが理想とされています。

なぜなら妊娠初期はつわりの問題、妊娠後期には上向きで診察台に寝ることで、腹部の大動脈が圧迫され気分が悪くなったり、それによる早産にの危険も否定できません。

また妊娠中から授乳期の間は薬を使った治療が胎児や乳児への影響も考えられるため、歯に限らず通常時より治療が難しくなってきます。

また、妊娠すると体や生活の変化の影響で虫歯や歯周病が進行しやすくなってしまいますので、これから妊娠出産の可能性のある千葉の女性で、現在気になる事があれば早めに治療を始めるのがいいでしょう。

一般歯科でもいいですが、詰め物やかぶせ物などに金属を使わない治療を行える審美歯科がおすすめです。

見た目にもきれいに仕上がりますし、万が一金属アレルギーを起こしたま妊娠してしまっては胎児や母体に影響が出ないとも言い切れません。

自宅や職場から近い千葉の審美歯科で気になる箇所は早めに治療し、妊娠から授乳の期間まで歯のトラブルを起こしにくくしておきましょう。

歯とその周辺のトラブルでよく耳にするのが歯周病です。

実は歯周病は早産や低体重児という恐れがあるのをご存知でしょうか?

これからママになる千葉のOLさんなどは定期的に審美歯科などで検診やクリーニングを受けて、口内の細菌を減らしておくのがおすすめです。

もちろんこれは女性だけに限らず老若男女すべてに言えることでもあります。

また、妊娠前にこのようなチェックを受けずに妊娠をされた方や、つわりがひどくてブラッシングが思うようにできない方はいわゆる安定期と言われる妊娠5~7ヶ月に歯科で口内のチェックを受けるようにしましょう。

また、千葉にはマタニティを対象にした審美歯科医院もあり、妊婦の方の歯科診療を行っています。

出産前後の女性は、女性ホルモンの影響で虫歯やや歯周病にかかりやすいと言われています。

歯周病になってしまったために、陣痛を促進させ早産になってしまった・・・という例もよくあるようです。

妊婦の方にも座り心地が良くお腹に負担にならない専用のデンタルチェアを設置している審美歯科医院で安心して治療を受けることができます。

Comments are closed.